VOCALOID/UTAU调声;歌词翻译
http://sdercolin.com

【歌词翻译】ラストシーンに悪魔は要らない/最后一幕里没有恶魔的戏【中日对照】


http://www.nicovideo.jp/watch/sm24085901


「ラストシーンに悪魔は要らない/最后一幕里没有恶魔的戏」

作詞:Eight

作曲:Eight

編曲:Eight

歌:初音ミク

翻译:科林

 

春風に溺れるセピアの街/在这沉溺于春风中的墨色街道

人波の隙間に土の匂いがして/人潮的空隙中藏有泥土的气息

耳鳴りと少しの鈍い痛み/耳畔的阵阵隆响和那钝痛

何かが喉元に宛がわれるようで/好像有什么似要割裂脖颈

 

嘘だけ塗りたくって汚れた僕の心なんて/我那被谎言的涂鸦玷污的心

もういっそ刃をたててバラバラに引き裂いてよ/不如用利刃将其千万次切碎

 

高架下のその場所に置いてきた未来は/放置在高架桥下的那个地点的未来
今でも僕をそう簡単に離さずそれでいて遠くに消えていく/至今也不会轻易放我逃离 而它却消失远去

 

頭の中でただ咽び泣く君にかける言葉もなく/脑海中只有呜咽的哭泣 与你相关的话语也毫无踪迹

それは誰が言うまでもなく悲劇なんだろう須らく/不需任何人的解释 那自然是一场悲剧

大雪は見る影もなく解けていったんだ、音もなく/大雪毫无踪影地融解消逝、悄无声息

救いなどがあるはずもなく、ただ呻いている/毫无被救赎的可能、只是不停地呻吟着

 

嘘など吐いたこともない君の澄んだその瞳には/你那不曾诉说过虚假的瞳

君のための僕はさしずめ悪魔なんだろう/为了你而存在的我说到底不过是只恶魔

 

高架下のその先はコマ送りなんだ/高架桥下的那前方正逐帧步进/高架桥下的那前方正逐帧步进

惨めな僕が追いかける目の前で揺らめいて久遠に溶けていく/悲惨的我不断追逐 而眼前的一切却摇曳着消融于永久

 

なんてことない未来は/将那无足挂齿的未来

なんてことなく書き換えられて/无足挂齿地改写

高架下の間違いは/高架桥下的那个错误

もう触れない、触れやしない/将不再被触碰、再也不会触碰

 

つむじ風が遊ぶセピアの街/在这被旋风玩弄的墨色街道

人並みになれない僕にも春はくる/无法成为凡人的我也将看到春天

耳鳴りと少しの鈍い痛み/耳畔的阵阵隆响和那钝痛

忘れなどしないさ、この身が裂けても/我将永不会忘记、纵使此身被千万次切碎


原文:

春風に溺れるセピアの街
人波の隙間に土の匂いがして
耳鳴りと少しの鈍い痛み
何かが喉元に宛がわれるようで

嘘だけ塗りたくって汚れた僕の心なんて
もういっそ刃をたててバラバラに引き裂いてよ

高架下のその場所に置いてきた未来は
今でも僕をそう簡単に離さずそれでいて遠くに消えていく

頭の中でただ咽び泣く君にかける言葉もなく
それは誰が言うまでもなく悲劇なんだろう須らく
大雪は見る影もなく解けていったんだ、音もなく
救いなどがあるはずもなく、ただ呻いている

嘘など吐いたこともない君の澄んだその瞳には
君のための僕はさしずめ悪魔なんだろう

高架下のその先はコマ送りなんだ
惨めな僕が追いかける目の前で揺らめいて久遠に溶けていく

なんてことない未来は
なんてことなく書き換えられて
高架下の間違いは
もう触れない、触れやしない

つむじ風が遊ぶセピアの街
人並みになれない僕にも春はくる
耳鳴りと少しの鈍い痛み
忘れなどしないさ、この身が裂けても


翻译:

在这沉溺于春风中的墨色街道

人潮的空隙中藏有泥土的气息

耳畔的阵阵隆响和那钝痛

好像有什么似要割裂脖颈

 

我那被谎言的涂鸦玷污的心

不如用利刃将其千万次切碎

 

放置在高架桥下的那个地点的未来

至今也不会轻易放我逃离而它却消失远去

 

脑海中只有呜咽的哭泣与你相关的话语也毫无踪迹

不需任何人的解释那自然是一场悲剧

大雪毫无踪影地融解消逝、悄无声息

毫无被救赎的可能、只是不停地呻吟着

 

你那不曾诉说过虚假的瞳

为了你而存在的我说到底不过是只恶魔

 

高架桥下的那前方正逐帧步进

悲惨的我不断追逐而眼前的一切却摇曳着消融于永久

 

将那无足挂齿的未来

无足挂齿地改写

高架桥下的那个错误

将不再被触碰、再也不会触碰

 

在这被旋风玩弄的墨色街道

无法成为凡人的我也将看到春天

耳畔的阵阵隆响和那钝痛

我将永不会忘记、纵使此身被千万次切碎


评论
热度(6)

© 科林S.der | Powered by LOFTER